歯科検診を受けることのメリット

###Site Name###

歯科医院に行く理由として、歯が痛む、歯茎から血が出る等、何らかの症状が出たからという理由で受診する人は多いです。

忙しく過ごしている日々において、何の症状もないのに病院に行こうなどと考える人はあまりいないと思いますし、健康診断やがん検診ほど、重大には考えられていないのが現状です。

しかし実は、歯科に関しては、症状がなくても定期的に受診したほうが良い理由があります。

ひとつめは、自分ではなかなか見つけることが困難な虫歯のチェックをしてもらえることです。

セルフチェックでも見える虫歯や、痛いと感じるほどの虫歯はすでに症状が進行しているため、治療も簡単な治療では済まない可能性が高くなります。そうなると、治療に割く時間も増えますし、痛みを伴う治療も増え、料金もかかってきます。

何より、大切な歯への負担が大きくなってしまうことが一番大変なことです。

そうなる前に、虫歯が小さいうちに早期発見をしてあげることで、歯への負担を小さく済ませることができるのがひとつめのメリットです。ふたつめは、歯周疾患の早期発見ができることです。

歯茎からの出血や痛みは、よほどひどくない限り虫歯のように激しい痛みが出ないため、つい我慢をしてしまい、すぐに歯科を受診せずに放っておく人も多いのではないでしょうか。

しかし歯茎こそ、大切な歯を支えるとても重要な役割を持っているのです。歯周疾患が進行すると、歯を支える骨が段々減ってゆき、支えを失った歯はものを噛む衝撃に耐えられず、ぐらぐらと動いてきます。さらに進行すると、歯を抜かなければならなくなります。

そんな恐ろしいことになる前に、歯茎のちょっとしたトラブルを発見し、少しの手入れで健康な歯茎に戻せることが、ふたつめのメリットです。美しい笑顔でいるために、美味しく食事を楽しむために、健康な歯は不可欠です。

面倒なことと思わずに、美容院に通うような感覚で、気軽に歯科検診を受診しましょう。