歯科には積極的に行くのがおすすめ

###Site Name###

歯科についてその1歯医者というと、痛い治療や嫌な音のイメージが強い人も多いのではないでしょうか。

小さな虫歯を見つけても、歯医者に行くのが嫌で後回しにしてしまっている人がいるかもしれません。

歯は毎日使っているもので、きれいに保つに越したことはありません。
永久歯は一度抜けてしまったり、虫歯になってダメになってしまうと二度と元に戻すことはできません。

年齢とともに様々なトラブルが原因で歯が減ってしまい、入れ歯になるイメージを持っている人も多いでしょう。


お金がかかってしまうからと歯科にかかるのを避けているうちに虫歯や歯周病などの口腔内のトラブルが悪化して、かえって治療にお金がかかってしまうことになるかもしれません。

歯科に行くのはなんとなく怖いという人も多いと思います。


しかし歯の健康を保つためには積極的に歯科にかかるのが大変おすすめです。
トラブルがないと歯医者に行ってはいけないと思われがちですが、実はトラブルが無い時こそ歯科で検診を受けるべきだということをご存知でしょうか。定期的な口腔内の検診は、歯科医師もすすめているものであり、大変大切なことです。
しかし、定期検診をきちんと受けている人は多くないでしょう。


定期検診ではどのような項目を検査するのでしょうか。

歯科についてその2毎日丁寧に歯ブラシをして口腔内のケアをしていても、自宅で行うものだけでは十分に汚れを落とすことができません。


歯科検診の一番の目的は、口の中がきれいな状態に保たれているのかをチェックすることです。まずは口腔内のトラブルとして有名な、虫歯や歯周病の確認をします。


自分でもわかりそうなものですが、歯科医師は私たちにわからない病変をしっかり見つけてくれます。

また歯の治療をしたことがある人は、詰め物の状態やかぶせものの状態のチェックをしてもらうことができます。

汚れが溜まりやすく、また自分では虫歯に気づくことができにくい部分であるため、歯科の専門家にしっかりと確認してもらうことが大変重要です。
粘膜の状態なども確認してもらえるため、気になることがある場合は聞いてみることをおすすめします。

もし虫歯などが見つかれば、そのまま治療をしてもらうことができます。

特にトラブルが無い場合は歯のクリーニングをしてもらいましょう。


溜まってしまった汚れは、積み重なって固い歯石になります。

歯石を自力で取るのは難しく、無理に自分で取ろうとすると歯肉を傷つけてしまう恐れがあるため、専門家に任せることをおすすめします。痛みはなく、歯をきれいにしてもらうことが可能です。

歯科についてその3歯科検診の頻度は、三カ月から半年に一回程度というのが歯科医師から推奨されています。
多くの人は小中学生の頃に1年に1回の歯科検診があったと思いますが、それ以降の年代では定期検診を実施することは少ないため、自分で歯医者に行かなければいけません。

しかし、三カ月や半年に一回程度なら忙しい社会人の方でも受信が可能なのではないでしょうか。



定期検診ではセルフケアの方法やコツなどを教えてもらうことも可能です。セルフケアと定期検診を効果的に行うことによって、健康な歯を保つことができるでしょう。
定期的に行わなければいけないとなると気になるのは費用です。
平均的な検診費用は3000円前後であるとされます。

検診内容や歯医者によって多少は前後しますが、5000円はかからない金額で十分な歯科検診を受けることができます。

定期的に通っていれば検査項目や実施項目も少なくて済むため、より低い金額に抑えられる可能性があるでしょう。

頻度と1回の金額を考えると、1年間で1万円程度の金額がかかると予想できます。

1万円と聞くとしり込みしてしまう人もいるかもしれませんが、これで健康な歯を保つことができると考えると決して高いものではないといえるのではないでしょうか。

歯科についてその4定期検診を行う際に注意が必要なのは、歯科医師に伝えたいことをきちんと伝えることです。
虫歯などの明らかなトラブルがあれば、それを治療するのは歯科医師にとっても簡単なことですし、治療を受ける側も特にすることはありません。

しかしトラブルがあるわけではない定期検診を受ける際には、どのようなことを目的に受診したのかや気になっていることについてを正確に歯科医師に自分で伝えていかなければいけません。
口の中というのは、少しの異変で違和感が大きくなる部分です。自分しかわからない自分の口の中の情報をきちんと歯医者に伝えて、健康な口腔内を目指しましょう。

歯医者を選ぶ際には、しっかりと患者の話を聞いてくれる医師がいる場所を選ぶことをおすすめします。
歯科治療の名医と言われ技術力の高い医師であっても、コミュニケーションをたくさん取ってくれるとは限りません。
歯医者の数は年々増加し、今ではコンビニより多いと言われるほどにまでなりました。

歯医者を選ぶときは、虫歯などの具体的なトラブルの治療に加え、予防歯科により力を入れている歯医者を探すことをおすすめします。自分にとって信頼できる、安心感のある歯医者を見つけることが健康な歯を保つための第一歩かもしれません。
歯科についてその5それでも歯科検診に行く決心がつかないという人に、虫歯についての怖いお話です。
見た目で虫歯を見つけても、痛くもないし放置している人はいないでしょうか。


身体の他の部分に起こる疾患であれば、放置していても自然に治ってしまうことがあります。

しかし、放置しても決して良くはならないのが虫歯というものの特徴です。

虫歯は、歯の表面が細菌が排出する酸によって溶かされてしまう事からはじまります。



歯の表面が溶けてくぼみができると、そこに細菌が溜まっていきます。

溜まった細菌が更に大量に酸を出して更に歯を溶かし、虫歯がどんどん進行していくことになります。

この段階で歯科医師にかかることができれば、痛みもなく低価格での治療が可能です。

しかしこの段階では歯が少し白くなる程度で、自分で気づくことは多くないでしょう。歯科検診を受けていればこの段階でも発見することが可能です。
虫歯の次の段階では、歯の内部の構造である象牙質にまで菌の作るくぼみが進んでしまいます。

穴の奥まで歯ブラシで磨くことができないため、虫歯菌は更に歯の中で数を増やしていき、神経に近づいたところで痛みが起こり始めます。冷たいものや甘いものを食べたときに痛みが走る人は、この辺りの状態になっているかもしれません。
歯科についてその6多少の痛みを感じているのにそれでも歯科医師に診せに行かずに放置していると、虫歯の第三段階に進んでしまいます。この第三段階は、虫歯菌が作る穴が象牙質をつきぬけて歯髄と言われる歯の神経にまで到達してしまっている状態です。


歯髄に穴が開いてしまうと、耐えられないくらい強い痛みに襲われることになります。

しかし、この状態を乗り越えると痛みが急に消えてなくなります。

勝手に治ったのかもしれないと思いこみ、歯科にかからないと大変なことになるかもしれません。痛みがなくなったというのは、歯髄が完全に死んでしまったためです。神経を殺してしまった後も虫歯の進行は止まらず、更に奥の神経を栄養にしながら菌は奥へ奥へと進んでいきます。
歯の根元まで到達すると、歯の根っこに膿の塊を作り炎症を起こします。



この炎症が骨にまで広がると、歯科では対応できなくなってしまうかもしれません。

骨が炎症を起こすと、骨髄炎となり口腔外科などで大掛かりな手術を受けなければいけなくなってしまう可能性があります。

このような状態になる前に、定期的な歯科検診を受けることをおすすめします。