虫歯や歯周病の歯科治療の相場目安は

###Site Name###

歯科についてその1食事をする上で歯の存在は欠かせないもので、毎日の歯磨きは口腔内の健康を維持するうえで同じくらい重要です。
歯磨きを怠ると口腔内に細菌が増殖し、虫歯や歯周病のような歯科トラブルを引き起こしてしまいます。

ミュータンス菌などが原因菌である虫歯は、歯の表面に付着しそれを溶かす病です。虫歯菌は歯茎に炎症を与えますが、基本的には歯そのものに影響を与え神経まで到達すると激痛が走ります。


歯科治療では菌が侵食してる場所を削り、人工製の補綴物を被せ対処します。
一方歯周病は嫌気性菌と呼ばれるものが原因菌であり、歯と歯茎の間で増殖しその周辺組織を溶かします。

歯茎や歯根膜、歯槽骨など虫歯と異なり歯そのものに影響は少なく、多くの場合痛みに気づきにくいと言われます。

歯を支える土台を侵食する歯周病は、重症化すると原因菌を除去しても周辺組織を復元は難しく抜歯する恐れがあります。歯周病の歯科治療はブラッシングや歯石除去、歯茎のケア等で原因菌を徐々に減らしていきます。

虫歯と歯周病、2つは似ている疾患のように思えますが原因菌から発生場所を初め様々な違いがあります。


それでも双方の疾患は放置すると歯を失うリスクのある恐ろしい病なので、不調を感じたら歯医者に受診すべきです。

歯科についてその2虫歯や歯周病かと思ったら早い段階で歯科治療を目指すべきであり、両者とも施術に対する費用は安くありません。

初診であり保険により3割負担、管理費用や各種検査費用等を考えると小さい虫歯の場合は2000円から4000円の料金が発生します。
小さな虫歯の場合、虫歯菌を除去した部位に歯科用プラスチックであるコンポットレジンを詰め1日ほどで施術は終わります。

インクレーをはめる必要のある中くらいの虫歯の場合、虫歯の除去した後口の模型を作る必要があります。
翌日にインクレーを装着し施術は完了し、最短で2日かかり費用目安は約3500円から6000円かかります。
大きな虫歯、歯の周りの大部分が強度がないレベルになると周辺を削りクラウンを被せ施術の流れはインクレーと似てます。それでも費用は約5000円から11000にまで上り、白いクラウンのような自由診療すると1本あたり8万円から15万円もの料金負担がかかります。
ちなみに抜歯する場合、2000円から3000円がおおよその料金相場と言われます。

一見して安価のように思われますが、抜歯の後ブリッジやインプラントなどの歯科治療を行う場合別途料金必要になります。


その為決して安い金額ではなく、早い段階での治療が大切でしょう。

歯科についてその3歯周病の歯科治療は、保険適応などの内容が入りますがまず初期段階では約1ヶ月から2ヶ月の期間を必要とします。

3割負担で考えると費用は約1800円から2000円、これは1回あたりなので治療期間をふまえると4回から5回歯科医院に通うことになります。


するとトータルでおよそ7000円から10000万円とこの段階でかなりの負担がいると言えます。中期段階の歯周病の場合、治療期間は約3ヶ月から1年となり、6回から20回の治療回数が目安となります。合計金額は1万円から4万円になり、重度の歯周病になると少なくとも1年以上の期間を必要とします。



金額も最大で約10万円となり、人によって生活を圧迫するレベルになり虫歯と同様に早い段階で対処することが大切です。これらは保険適応のケースで記載してるので自費診療となるとより多くの費用負担が必須でしょう。新しい材料や治療法などは日本で認可するのは安全性を確保するため非常に時間が掛かり、海外では普通に使われる手段でも国内では認可がないため保険外として扱われます。高い費用負担が必要になってしまうものの自費診療は高度で質の高い治療が見込め、インプラントや予防歯科などが挙げられます。

歯科についてその4インプラントは自費診療の代表的なものと言え、失った歯の代用治療として用いられます。


高い審美性、寿命が長く他の歯に負担をかけない利点があり、何より天然歯と同じくらいの咀嚼能力が見込めると言われます。



しかし1本あたりの相場は30万円から40万円が一般的で、都市部のほうに向かえば約35万円から45万円と決して安い金額ではないことが伺えます。

精密検査や診断料、インプラントを埋め込む手術費用、メンテナンス、人工歯自体の費用等がこの歯科治療に必要な主な内約と言われます。

ちなみになぜ30万円からという歯科料金なのか、それは両隣の歯を土台にする被せものを行うブリッジと呼ばれる施術方法が関係してます。

ブリッジの治療する場合、患部と両隣のトータル3本の歯を削りこの本数分の料金がかかります。

インプラントが導入されたばかりの頃、自由診療の被せものは1本あたり約10万円というのが相場でした。

インプラントと言う歯科治療には他の歯に負担をかけずに施術できる、つまり1本で3本分の被せものと同じあるいはそれ以上の機能を果たすとされます。
この結果10万円×3本分という計算式が生まれインプラントの費用相場が30万円から始まることに繋がりました。

歯科についてその5歯科治療は安くなく、では私たちはインプラントのような高額な費用を自己負担しなければいけないのでしょうか。

そんな時におすすめなのがデンタルローンと呼ばれる立替払制度であり、信販会社が一時的に患者の歯科料金を負担し後から返済していくのが大まかな内容です。

一見してカードローンでも良いと考えるかもしれませんが、デンタルローンは歯科治療にのみ利用目的が限定されておりこれにより金利が低く返済期間が長く設定できます。
最大で84回、約7年もの期間での返済設定が可能で金利自体は約5%から10%とカードローンよりお得と言えます。

例えば数千円ほどの費用負担ならカードローンでできますが、歯科治療は前文で記載したように数万、数十万に上り金利が高めのカードローンでは返済が苦しいでしょう。


ちなみにデンタルローンは医療費控除の対象であり、確定申告で利用した医療機関での領収書など必要書類を用意すれば費用の一部が返還できます。


なので必ずしもお金を消費するだけでなく、制度をうまく使えば少ない負担で住む見込みがあります。医療費控除は会社員のような人でも自ら申告しないと控除されないので注意が必要です。

またデンタルローンはローンと名のつくように審査があり、少なくとも満20歳以上で安定した収入がある人でないと利用はできないと言われます。

歯科についてその6デンタルローンは担保、保証人や連帯保証人の用意はあまり必要ないと言われます。



なので条件が合えば主婦や年金受給者でも利用可能とされますが、審査結果によって特定の条件が付く場合があります。

もちろん、保証人などを用意するケースも無いとは言えません。
例えば未成年者の場合、親の承諾書が必須だったり、親名義でなければデンタルローンを組めません。

そもそも未成年者、学生などはデンタルローンでなくともどんなローンでも本心契約でのローンは組めません。


また20歳以上の学生でバイトをしていれば安定収入があると見なされますが、デンタルローンは高額な歯科治療を受けるためのものなので審査落ちはしやすいででしょう。借金返済が度々遅れている人、複数社にわたりお金を借りている人のことをブラックリストと呼ぶことがあります。
こうした人たちもデンタルローンの審査通過できず、彼らは信用情報機関に登録されてるため申請しても許可は難しいです。

これらの例の中では保証人や連帯保証人の用意はありませんが、それらを用意する前に利用できない可能性があることは分かるでしょう。

歯科治療は高額であり、その金銭を一時的に借りる行為は信頼関係が必要になります。


損をせず歯科治療を目指すためにも、計画的な金銭管理とともにまずは未然に虫歯や歯周病にならないことも必須でしょう。