歯科を選ぶときのポイントや治療のこと

###Site Name###

歯科についてその1歯科を選ぶときのポイントのひとつが立地、アクセスです。
歯科における治療では複数回通院する必要があることも珍しくありません。虫歯治療などの一般歯科においても詰め物を使用する場合は、一度型取りを行って、それからその型に合わせた詰め物を製作します。

何回も通院することを考えるとアクセスしやすい医院を選ぶことがポイントとなります。

特に仕事をしている人や学校に通学している人の場合、通院できる時間が限られることからも、通勤途上、あるいは通学途上に立ち寄ることができる医院、あるいは自宅や職場、学校の近くが利便性が高いと言えます。


駅などの公共交通機関を利用していく場合は駅からの徒歩時間なども重要です。

また、自動車でのアクセスが便利な医院であれば、周辺道路の状況はもちろん、駐車場のことも確認しておく必要があります。



医院にあらかじめ駐車場が設けられている場合は停めることができる台数の確認がポイントです。

医院には駐車場の設備がなく、提携駐車場を利用する医院もあります。

提携駐車場を利用する場合には、駐車料金の精算についてあらかじめ確認することが大事です。

医院によっては駐車場の割引サービスを受けることができます。歯科についてその2通院できる時間が限られている患者にとっては診療時間も重要なポイントとなります。
平日の診療時間を調べることはもちろん、土曜日や日、祝日に診療を行っているかもチェックすると良いです。


多くの歯科においては仕事帰りに治療に行くことができるように平日でも夜遅くまで診療している医院が多いです。
特に都市部のオフィス街に隣接している歯科で多い傾向です。

仕事帰りに寄りたいときに利便性が高いと言えます。


土曜日や日曜日も診療を行っている歯科においては診療時間の確認が大事です。

平日の診療時間よりも短めに設定されていることが多いからです。
また、土曜日に診療する代わりに平日のいずれかの曜日が休診日ということもあります。

平日の夜間においては仕事を終えた患者が多く来院することから予約が取れにくいこともあります。

インターネットサイトを開設している医院においてはインターネットサイトから診察の予約をすることができるサービスを展開していることも多いので、時間を効率よく使うためにはこのようなサービスを利用することもひとつの方法です。

医院によっては初診から予約が必要なこともあるので、事前に確認しておくことが大事なことであると言えます。


歯科についてその3歯科を選ぶときのポイントとしてはどのようなシステムで治療を行っているかと言うことです。

最初の診察から治療完了まで一人の医師が担当する医院と、複数の医師が治療に携わるケースがあります。一人の医師が担当することのメリットは、患者の歯のことを良く理解したうえでしっかりと治療を行ってくれることと、患者とコミュニケーションをとることで信頼関係を築くことができる点です。
一方で予約が取りにくい点が挙げられます。

一人の医師なので予約が殺到するとなかなか希望する時間に治療を受けることが難しくなります。
そのため、治療に必要な期間が長くなるという問題があります。
複数の医師が携わることのメリットは予約が取りやすいことです。



そのため治療に必要な期間を短縮することができます。
虫歯を早く治すことができるので日常生活への影響も最小限とすることができます。


一方で複数の医師が携わっていることから、医師同士の確実な引継ぎが必要です。

また、歯科医師によっては考え方が異なるほか技術力にも差があることから治療における精度については一人の医師が担当する場合よりは見劣りする部分があります。


歯科によって制度は異なるので確認することが大事です。

歯科についてその4歯科を選ぶときには待合室などの設備の充実度も確認することが大事です。

例えば小さな子供を連れた患者が子供を安心して預けることができるキッズスペースがあるかということは重要な問題となります。キッズスペースについては子連れ利用の多い歯科を中心に整備されています。

歯科によっては予約なしで利用できますが、予約が必要という歯科もあるので事前の確認が必要です。

また、一人で遊ばせるのが不安と言う患者のために託児サービスを展開している医院もあります。

保育のプロが治療中に責任を持って面倒を見てくれるので安心して治療を受けることができます。
託児サービスについても事前の予約が必要な場合とそうでない場合があります。
これから治療を行うとなると緊張してしまうということも珍しくありません。
そのため、多くの医院ではリラックスできる環境を整備しています。また、なかなか話しにくい歯の悩みを相談したいという人のために、完全にプライバシーが確保された部屋も用意されています。

誰にも聞かれずに医師に相談することができるので、医師に対して正確な症状を伝えることができますし、それによって医師も正確な治療を計画することが可能となっています。

歯科についてその5歯科ではさまざまな医療機器が使用されています。まず歯の内部の状況を精密に診察するために欠かせないレントゲンが挙げられます。

レントゲンと言うと人体への影響を気にする人がいますが、最新の歯科で使用されるレントゲンは、従来のレントゲン機器よりもレントゲン量を減らし、さらに安全性を高めています。

従来の機器でも影響はありませんが、さらに安心して利用できる機器となっています。

治療においてはルーペを用いる歯科もあります。


虫歯は肉眼でも確認することが可能です。

そこにルーペを用いるメリットとしては、より精密に患部を知ることができる点です。



例えば詰め物を作製する場合、ルーペを用いてより細かな部分まで知ることができれば精度の高い詰め物を作製することができ、治療した部位を長い期間良好に保つことができます。


詰め物についても金属アレルギーの人でも治療を受けることができるように配慮されています。

通常歯科治療においては金属の詰め物が使用されますが金属アレルギーであれば使用することができません。


そのような人のためにセラミックを用いた詰め物を作製しています。
セラミックであれば金属と同等の強度を維持しながら、金属アレルギーのリスクをなくすことができます。
歯科についてその6歯科では虫歯の治療も行っていますが、治療を終えた後に虫歯にならないようにするための治療、あるいは虫歯がなくても虫歯にならないための治療も行っています。

このような治療を予防歯科と言います。予防歯科は歯の健康を維持するために重要です。主に行われることは歯みがきや歯石の除去です。

それらを定期的に歯科において除去することで健康な状態を維持して虫歯のリスクを下げることができます。
それらに加えて患者に適切な歯みがきの指導も行われます。

正しい歯みがきの方法や歯ブラシの使い方、交換の時期などをアドバイスすることで普段の歯みがきの質についても向上することができます。虫歯治療を終えた後の検診においては治療を終えた患部の状況に変化がないか確認します。

特に噛み合わせを回復するインプラント治療などにおいては噛み合わせに不具合が発生していないかということなども確認が行われます。


もしも違和感や不具合がある場合には調整などが行われます。


そのため、普段の生活で違和感などがあるときには遠慮なく医師に申告することが大事なことであると言えます。