歯科クリニック=怖いイメージを払拭しよう!

###Site Name###

歯科についてその1歯科クリニック=怖いというイメージを持っている方も、多くいるかもしれません。

怖いと感じてしまう理由の1つが、子供の頃のトラウマです。子供のころ親に無理やり歯科クリニックに連れていかれ、泣きながら治療を受けた経験で怖いところだというイメージを持っている方もいます。
もしも無理やり連れていかれたとしたら、歯科クリニックが嫌になるのは仕方がないことかもしれません。

だからといって、歯科クリニックが怖いところというわけではないのです。

治療で痛みがあると思っている方もいますが、今は無痛治療が広まっています。


治療中に痛みを感じた場合、手を挙げることで治療を中断してもらえます。また子供が歯科クリニックを嫌いにならないように、子供向けの治療で工夫をしているクリニックも多く見られます。
子供向けの治療の1つが、子供が楽しいと思えるようにシールなどのプレゼントを用意しているという点です。

また虫歯治療で嫌な思いをせずに済むように、子供向けのフッ素塗布などの予防に力を入れているクリニックも見られます。


シールなどのご褒美を通して子供の頃に楽しい思いをした場合は、大人になってもクリニック=怖いというイメージを持たずに済みます。

歯科についてその2歯科クリニックが怖いところだと思っている方の中には、親の教育方針が関わっている方もいます。



小さいときに親の言うことを聞かないと、お化けが出るというように歯科クリニックで歯を削ってもらうというような脅しをされるケースもあります。


昔のクリニックは、治療時の音が大きく痛みも強かったため子供を怖がらせる脅しとして使う親も多くいました。

子供のころに脅し文句として歯科クリニックの存在を使われていたら、怖いというイメージもあるでしょう。
ですが歯を削る場合でも、昔と今では使われている器具が異なります。
昔の歯科クリニックで使われていた器具は、音が大きく振動も伝わりやすいものでした。

しかし今のクリニックで使われている器具は、音が小さめです。
さらに振動も伝わりにくいため、昔の治療のような恐怖を感じる心配はなくなりました。

治療器具が昔とは異なるといっても、歯を削らないほうがいいのは事実です。そのため歯を削らずにすむようにするために、予防歯科に注目することも忘れないようにしましょう。

予防に力を入れることで、虫歯にならないように歯を守ることにつながります。
また虫歯を早期発見することで、歯を削る量を最小限に抑えることにつながります。

歯科についてその3歯科クリニックに苦手意識を持っている方の中には、クリニック独特の匂いや雰囲気が嫌だという方もいます。

クリニック独特の消毒液の匂いを嗅ぐことで、治療に対する恐怖心が生まれてしまうのでしょう。


ですが消毒液の匂いは、緩和されているためほとんど匂いを感じないクリニックも多く存在しています。



またクリニック独特の雰囲気が苦手という方は、アットホームな雰囲気のクリニックを利用するのも1つの手です。
歯科クリニックの中には、一軒家のような形で開業しているところもあります。

一軒家のようなクリニックなら、歯科クリニックに行くと思うのではなく知り合いの家に行くような気持ちで来院することも可能です。

アットホームな雰囲気のクリニックの場合、受付の方と事務的なやり取りだけではなく普通の雑談をしてもらえるケースもあります。

診療中も普通の会話をしながら見てもらうこともできるので、そのような環境ならリラックスして治療を受けられるという方もいるでしょう。


歯科クリニックによって雰囲気には違いがあるため、自分に合ったクリニックを選ぶことが大切です。
クリニックの雰囲気について調べる場合、口コミで実際にクリニックを利用した方の意見を探るのも1つの手です。
歯科についてその4歯が痛むものの、歯科クリニックに行くともっと痛い思いをすると思っている方もいます。

ですが虫歯で歯が痛む場合、放置しておいても痛みが治ることはありません。

虫歯が自然治癒することはないため、自然に痛みが解消される可能性はないのです。

もしも歯科クリニックに行かずに虫歯を放置しておくと、虫歯の症状が進行してさらに痛い思いをします。

痛みがあるなら我慢せずに、早めにクリニックへ行きましょう。
歯科クリニックで治療を受けるとき、無痛治療も広まっているため痛みを感じるリスクは下げられます。無痛治療で主に行われているのが、注射針による麻酔です。

注射針を使うことで、針の痛みがあると思う方もいるかもしれません。

実際には注射針を使う前に、表面麻酔をしてもらえます。


表面麻酔をすることで、注射針を使うときの痛みも感じにくくなります。

虫歯による痛みは、症状が進行すると四六時中痛みがあります。

ですが歯科クリニックでは痛みがあるとしても、治療を受けている間だけの話です。
治療をしてもらえれば、虫歯による痛みはなくなります。
痛みの問題を早く解決するためにも、怖がらずに早めにクリニックへいくことが大切です。


虫歯の症状が進行すると、抜歯しなければならない可能性も出てきます。

歯科についてその5歯科クリニックに対して怖いと思っている方の中には、治療中の姿勢が嫌だという方もいます。歯科クリニックにおける治療は、自分が寝転がった状態で行われます。

そして寝転がった自分を覗き込む形で歯科医の方が治療を行うため、その姿勢に苦手意識を持つ方もいるのです。

歯科医は歯がよく見えるように拡大鏡をつけているため、その姿に恐怖心を持っている方もいます。治療中に身動きが取れない状況なのにも関わらず、上から覗き込まれるような形だとどこを見ればいいのか困ってしまう方もいるでしょう。そのような方は実際に治療を行うときに、目元にタオルをかけてくれるクリニックを選ぶのも1つの手です。

目元にタオルをかけてもらえるというのは、視線を考慮したものではありません。

クリニックで治療を受けるとき、水滴が飛ぶのを防ぐために前掛けをつけてもらえます。
しかし水滴が飛ぶ可能性は目元や首元にもあるのです。

そのような水滴が患者に飛ぶのを防ぐために、目元や首元にタオルを置いてくれるクリニックもあります。このようなタオルが用意されていることで、視線のやり場に困る心配はなくなります。

そして歯科医に覗き込まれるような思いをせずに治療が受けられます。歯科についてその6歯科クリニック=怖いというイメージを持っている方もいますが、無痛治療などの広がりによって怖いイメージは解消されている可能性もあります。

ですが治療を受けるのではなく、予防をメインにクリニックを利用していれば痛い思いをせずにすみます。


大切な歯を守るためにも、日ごろから虫歯や歯周病の予防に取り組むことも大切です。また歯科クリニック側も患者の怖いというイメージをなくすために、ホームページなどでクリニックの情報を公開しています。


クリニックのホームページで診察室の様子などが公開されていることで、どのような空間で治療が受けられるのかわかります。
ほかにも歯科クリニックに関する情報を集めることで、クリニックに対する恐怖心を克服することも可能性です。



クリニックを怖いと思っている方の多くは、クリニックの現状を知らないというケースがほとんどです。

クリニックのホームページを参考にして、歯科クリニックがどのような場所なのか知りましょう。

調べてみると、怖いというのは個人的な思い込みだったと感じる方も多くいます。