痛みがでたから歯科を訪問するのでなく予防を考えよう

###Site Name###

歯科についてその1夜中に歯が痛くてたまらなくなった経験はありませんか。そんな時あなたならどうしますか。
歯の痛みはいろいろあります。

ズキズキ、キーンなど場所によっても異なりますが他の痛みのなかでも耐えられない痛みで生活に影響を及ぼすこともあります。
痛みがあるからすぐに歯科で治療する必要があるといえるのか、痛みを和らげることはできるのかなど不安と疑問が浮かび上がってイライラしたことがある人は多いはずです。
本当の痛みは歯科に行って診察を受けないと原因がわかりません。
歯の痛みは虫歯のせいであることが多いです。

虫歯は、虫歯菌が象牙質や歯髄などを侵すことが原因です。

怖いのは、歯の周辺にある歯茎が炎症を起こしている歯周病であることです。一般的に歯の周囲の組織におこるすべての病気を総称して歯周病といいます。

歯周病は、糖尿病などが原因で起こる病気です。

血糖値のコントロールが悪いと発症するリスクが高くなります。

歯茎だけにおさまらず骨にまで進行すると歯槽膿漏になります。

歯周病がおきる原因は、歯の表面に付着するプラークによっておこります。

ほっておくと、全身的な異常、あるいは全身疾患の影響によって様々な影響を及ぼすことにもつながる怖い症状です。

虫歯の原因も歯垢です。
歯垢は歯に付着し、そこで糖分などを栄養にして細菌が増殖した塊だと考えればいいです。歯垢を取り除くためにも歯科へは定期的に診療を受けたほうがいいです。

歯科についてその2歯科医に行って、歯周病の要因をすべて取り除き再発を防止する治療をすることが必要になります。夜分に突然痛くなるのは、知覚過敏の症状も影響しています。


痛くなったら早めに歯科医のもとを訪問することが、歯周病を治す最も最善の方法です。最初は、歯磨きのチェックを行い。

正しいブラッシングのやり方を指導することから始めます。正しいブラッシングを行なうことによって、口の中の炎症を抑えます。

炎症が治まってから本格的な治療に取り掛かります。


歯垢以外に歯周疾患を招いている要因が他にないかをどうかを判断します。
歯周病の治療を終えた後も口の中を清潔にすることで歯周の炎症の再発が起こらないように防止措置をとります。

簡単な作業のようですが、歯垢は知らない間に口の中を占領してしまいます。

まめに歯垢を取り除く努力が大切です。
歯科医が行なう歯周炎の治療が成功するかどうかは、患者さんが口の中を清潔に保てるかどうかにかかっているといっても過言ではないのです。

日頃のブラッシング、口の中の清潔を保つことが絶対的に必要になります。
歯周病の治療は、定期的な観察が主体になることを理解して、歯ブラシを励行しましょう。
それこそ虫歯をなくす第一歩になります。


歯科についてその3よく歯周病は、ほうっておいても良くなると言う人がいます。なぜかといえば、歯周病には虫歯のような自覚症状がありません。



だから歯科医に行かないでほっておくことが多いのです。


歯科医に行かないと、症状が一時的に落ち着いたとしても、歯周病は骨を溶かす怖ろしい病気なのでいずれ再発します。

初めは歯茎から出血したりむず痒くなったりといった小さな症状がでてきます。


口臭がしたり膿がでたりして症状は悪化していきます。

歯が浮き始めると、突然抜けることがあります。1本抜けると、他の歯も抜くような状況になります。


入れ歯の原因は、虫歯より歯周病が原因になるケースが多いです。

このように決して軽視できる病気ではありません。

歯を失ったことのない人は、健康な歯がどんなに大切かということがわかりません。

歯を失う危険が非常に高い歯周病及び進行していく歯槽膿漏にならないように気をつけることが必要です。
どんなに高額なインプラントや義歯を入れたとしても、元々の歯のような白い美しさや丈夫でしっかり噛める歯にはかないません。


歯周病の怖れがあるといわれたら、できるだけ早く歯科医に行くようにしましょう。

まず専門的な観点で医者の治療を受けることが歯を失わないですむ唯一の方法です。

歯科についてその4怖ろしい歯周病に自然治癒はありえないことを理解することが大切です。

ただし、歯周病になることを防ぐこと、進行を遅くすることはできます。

歯周病を放置するとどうなるかをまとめてみると、歯を失うことにつながります。

歯を失うということは、顔の輪郭が変わってくる、美貌に大きな影響を与えます。

大切なのは、兆候があるうちに早めに歯科医にみてもらうことです。

修復したり、義歯を入れるとなるとさらにお金がかかることになります。

歯科医に行くのが怖い、行く時間がないなどと言っていると、取り返しのつかないことになります。

歯周病になっているのではと感じたら歯科医の治療を受けてください。

歯周病は、老人がなる病気ではありません。


若い人でも多くの人がかかる病気です。
老人病ではなく、プラークが原因ですから放置すれば若い人こそ悪化して後悔することになります。

歯周病によって歯を抜かなければならなくなるのは年齢には関係ありません。


若くても歯周病にはなりますし、なれば歯を失うことになります。
この習慣こそ産まれながらの自分の歯を守る一番大切な歯周病を撃退する方法です。


初期発見、初期治療こそ歯周病に対抗する唯一の手段です。

歯科についてその5最近歯科医の間で重要だと考えられているのが、予防歯科です。


虫歯になってからの治療ではなくて、虫歯にならないような口の環境を整えることをめざす学問です。簡単に言えば、自らの歯を抜かなくてもいいように日頃の管理をすることを重視する自然治癒の考え方です。

すでに欧米では、痛くなったらから行くのではなくて、定期的に検診を受けることが習慣付けられています。

常に歯垢を発生させない環境を自ら定期的に診察を受けることで守ります。
それだけ歯を大切にすることを重視します。日本でも予防医学が注目を浴びています。

セルフケアを心がけ、歯科衛生士の指導に沿った歯の手入れを習慣付けること。

これこそ、私たちを、歯周病の脅威から身を守る方法です。

そこで注目されているのがフッ素が、虫歯の発生と進行を防ぐ歯の健康を守るための大切な成分であることです。



フッ素を使った予防歯科はこれからの口腔を考える上でとても参考になります。
ブラッシングの励行と口腔内の清潔を守ることが、一生涯自分の歯を失わないで過ごすことにつながります。

歯を大切にすることの重要さが理解できれば、おのずと口の中を清潔にする習慣をつけるようになります。

このことこそ、歯を大事にする一歩になります。歯科についてその6歯の表面が白濁してくると歯全体に及んでくることがあります。


歯科医では、きわめて初期の症状では適切な歯磨きの指導をすることで、それ以上に進行させないようにつとめます。
同時にフッ素などの塗布を実施して、再発を防止します。

ブラッシングの励行は、最低限の歯を失わないための歯科医からのメッセージです。

予防歯科を重視して歯を大切に保つことを教えてくれます。

歯が黄ばんでくるのは、歯のエナメル質につくステインが原因です。

ホワイトニングには、ステイン成分を除去しなければなりません。


歯科医が指導するのは、ステイン成分を除去することと、研磨剤をなるべく使わないで健康な歯を取り戻すことです。


最近は、歯質と接着性のある材料の開発でなるべき深く歯を削らないで治療できるようになってきました。

もともとの歯を大切にすることは、誰にとってもあたりまえのことです。



自らが、歯の異常に気付いてくれる環境がもっとすすめば、夜中に歯が痛くなることも、怖い歯周病の進行で歯を失うこともありません。歯は、風邪をひくのとは異なり一生付き合っていかなければいけない大切な財産です。

味覚を味わうには、入れ歯では限界があります。

違和感を取り除くのではなく、自ら授かった歯を大切にすることを心掛けましょう。