役に立つ所在管理システム情報
2020年8月15日

GPSとビーコンの最強タッグ

GPSでは不可能なご自身に合った希望のお店を探すことが可能です。

ビーコンとスマートフォンを連動させることによって、現在地から半径10メートル以内の店舗をスマートフォンに表示させる事が出来ます。近年は多くの人がスマートフォンを持っている時代となっているため、非常に便利な機能です。この機能を携帯会社の提供しているサービスと多くの人が勘違いをしていますが、実際には携帯会社のサービスではなく、画期的な技術の発達の証拠でもあるのです。GPSはご自身の現在地のみを表示して、その中から自分で一番近い店舗を探す必要がありますが、ビーコンを利用することによって、この手間を省くことが可能です。

しかし、この機能は全ての店舗を表示するのではなく、店舗が電波を発信させる装置を設置することが絶対条件になっていますが、多くの店舗では顧客を確保するために、自主的に設置している店舗がほとんどです。そのため、利用者だけではなく、店舗を運営している経営者にも非常に有利になる技術と言えるでしょう。店舗の位置情報を知らせるだけではなく、その中に対象店舗のホームページや連絡先やサービス内容などの様々な情報を発信することが出来ます。しかし、ビーコンはこのような情報を必要としている人へ発信しているだけですが、GPSで移動距離や時間、移動手段などを表示しているのは、GPSの機能を使っています。このように、現在ではビーコンとGPSがタッグを組むことで、満足が行くサービスを受けることができます。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *