役に立つ所在管理システム情報
2020年8月9日

ビーコンセンサーが持つ魅力とは?

従来のビーコンは、スマートフォンなどの携帯端末によりユーザーの位置情報取得を中心にした発信機などの役割を持つものでした。

しかし、時代が変わるとビーコンセンサーと呼ばれるセンサー付きのビーコン、マルチアドバタイズなど様々なものが登場しており活用シーンの幅が広がっています。例えば、オフィスの中にあるトイレの利用状況を可視化するサービスなどで、ビーコンセンサーが役立つ存在になってくれます。従業員分のトイレを完備することはできないわけで、仕事中にトイレに行きたくなったときデスクから離れた場所にあるトイレに行ったら満室、このような経験を持つ人も多いといえましょう。特に、お腹を壊しているときなど満室だと大変、ビーコンセンサーが現在の満室情報を可視化してくれれば安心ではないでしょうか。

マルチアドバタイズと呼ぶビーコンは、センサーデータを出力するものではなく、センサー自体で取得した値により出力するデータの切り替えを行ったり、予め設定してある時間条件を使ってデータの出力を可能にするなど切り替えが容易にできる利点を持つものです。このようにセンサーとして利用することができるわけですが、一般的にセンサーと聞くと感知した情報を受けるための装置が必要になってきますが、これは普段お使いのスマートフォンが情報を受け取るための装置になるのであえて高額な費用を計上して導入する必要性もありませんので、気軽に利用できるのもビーコンセンサーの魅力といえましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *