役に立つ所在管理システム情報
2020年8月6日

位置情報だけではないビーコンセンサーの利用方法

屋内でGPSの代わりに位置情報を扱うことができる環境に使われるのがビーコンです。

近距離無線によって数秒に1回情報を発信して受信できる端末で受け取ることが可能です。受け取った端末を感知してその位置情報をサーバーに送ることができます。受け付けたサーバーはその端末に対して情報を送信できるので、現在地の情報やその他の付加価値の情報を渡すことが可能です。このような信号を受信できる端末をビーコンセンサーと言います。無線通信を受け取れる物ならスマートフォンなどでも受信可能ですが、他にも感知できるビーコンセンサーがあるととても便利に使うことができます。例えば圧力センサーを内蔵した物なら、何かに押されている時にその状況を伝えることが可能です。

椅子につければ着座の情報を、棚につければ荷物が置かれたことを情報として発信することができます。サーバーに送ることで、空きがあるところを情報として提供することができます。加速度センサーがついているビーコンセンサーならば、物の動きを感知することが可能です。動いている方向がわかれば、落下していることや移動している方向などがわかります。進行方向と速度がわかれば次の場所を判別することも可能です。ペットに取り付ければ、どこにいてどこに向かっているかをリアルタイムに把握することが可能です。迷子になることがなくなるのでとても便利です。データを蓄積すれば動いた奇跡を把握することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *