役に立つ所在管理システム情報
2020年8月3日

ビーコンセンサーはコインと同じぐらい

ビーコンセンサーを取り付ければ、その物の位置がわかります。

紛失したものを探す時にとても便利です。でも大きさが小さくなければ、付けられる物が制限されてしまいます。小さい物ではどれぐらいになるのでしょうか。ビーコンセンサーは小さな物では、500円玉と変わらない直径です。厚さは少しありますが、持っていても邪魔にならない程度です。重さも10グラムを切るほどなので、7グラムの500円玉とほとんど変わりません。防水機能もあるので水のかかる場所でも安心して使うことができます。500円玉よりは少し大きくなりますが、石ころ程度の大きさで温度や加速度センサー、非接触カード決済などに使われるNFC機能を搭載しているものもあります。温度が高くなったら通信をした入り、かざして何かを解除するような動作に使うことができます。

キーホルダーのようにぶら下げておけば、いろいろな場面で活用することができそうです。より多くの機能を持っているビーコンセンサーでもそれほど大きなものになりません。例えば温湿度と明るさ、気圧、音や紫外線の計測ができるようなものでも、500円とそれほど変わらない大きさです。持ち運びに不自由しないのでカバンなどに付けておけば、紫外線を警告するような使い方もできます。音が感知できるので誰か人がいる時に反応したり、外に持っていって環境の変化を詳しく読み取って、熱中症の予防などの安全に関する情報を発信できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *