役に立つ所在管理システム情報
2020年7月24日

温度管理システムで適切な食材の管理を

厨房や冷蔵庫などの食品を管理する時には、内容物を如何にして保管していたかという記録が必要になってきます。

温度管理を人を使って行なう方法の場合には、その場所にずっと常駐させておくということは困難ですので、温度管理システムを使って管理を一元化していくのが最適です。温度管理システムでは一定の水準に温度を保つように冷蔵庫や冷凍庫などと連動して動くシステムであり、万が一異常な温度上昇があった時にはアラートが鳴る仕組みになっていたり、管理者にメールで通知が行くシステムになっていますので、異常をいち早く察知することができます。

遠隔操作にてパソコンなどからの操作も可能ですから、それぞれの冷蔵庫や冷凍庫を別々に管理するという機能もあります。食の安全を守るために、適切な温度で保たれていたかのデータについては、外部に出力できるシステムが多いですので、保管していた食材の品質を保つことができます。温度管理だけでなく日報などの自動作成や、統計情報の作成もできますから、事務の人員を割いて行っていた作業も自動化を進められます。

入庫から出荷までの情報を記録できる温度管理システムなら、認証評価の獲得を目指している企業の方でもそのための情報を蓄積しておくことが可能です。単なる温度計での管理ではなく、オンラインシステム上から何時でも管理が可能な温度管理李ステムなら、厨房や食品の倉庫などに便利に使えますので導入してみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *