役に立つ所在管理システム情報
2020年7月21日

温度管理システムでHACCPにも対応

HACCPに沿った衛生管理の制度化が施行され、温度管理が義務化となりました。

これに対応するため、温度管理システムの導入に踏み切ろうと考えている方もいるのではないでしょうか。しかし、どのようなメリットがあるのかイメージできない方もいることでしょう。温度管理システムは、店内のショーケースをはじめ、ユニットクーラーやコンデンシングユニットなどの温度データを収集します。収集されたデータは管理用パソコンでわかりやすく可視化したり、異常を検知したりすることができます。

また、帳票出力する機能も備えているのです。温度管理システムでは、24時間一括してモニタリングできるようになっています。人手で同等なことをしようとすると至難の業と言えるでしょう。収集した温度データは長期保存できるようにもなっています。異常とみなす条件を設定しておき、異常とみなす条件となれば直ちに管理者へ通知することも可能です。機器の故障による商品ロスを防ぐためにも役立ちます。

温度管理システムによっては希望する機能が搭載されていないことがあります。その場合、カスタマイズ可能なシステムであれば、追加機能を準備してもらうことも可能です。追加機能を開発してもらうと、バージョンアップの度にカスタマイズが必要になる可能性がありますので、本当に必要な機能かをよく検討した方が良いです。このような相談も温度管理システムを提供しているメーカーに問い合わせをしてみると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *