役に立つ所在管理システム情報
2020年7月15日

食材などの品質安全に温度管理システムは重要です

食料品や薬剤などは、温度や湿度が変化しますと鮮度が落ちたり場合によっては食中毒の原因にもなる可能性がありますので、管理者には適切な温度管理を行うことが定められています。

万が一、定められた温度管理などを怠ると、場合によってはその食材は廃棄などをしなければならないなどの厳しさも求められています。多くの食材を扱っている会社にとっては、これらのロスによるダメージは大きく、温度管理を行うことは食材の品質や安全性を保持するだけでなく、事業のリスクを回避するためにも重要な要素になります。

以前までは、温度管理は現場で働いている人たちが決められた時間に温度計を確認して記録紙に記載して管理をしていましたが、定期的に作業を止めて離れた場所などの温度を確認したりすることは、労働効率を低下させたり見誤ったりします。最近では温度管理システムを利用して、専用のセンサーなどをコンピューターと接続する方法が一般的になっています。温度管理システムですと、24時間決められた時間に検温をしてくれますから検温忘れなどもなく、夜間なども検温が可能です。

またネットワーク管理も出来ますので、離れた場所からも検温状況が確認できますので、食材や薬剤の品質管理や安全性の維持を確実に行うことが出来ます。温度管理システムは同時に湿度などを組み合わせての検温管理も可能ですので、さらにワンランク上の品質管理にもつながると人気が高まっています。今後は安全性の部分からも、さらに活用が増えていきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *