役に立つ所在管理システム情報
2020年7月12日

普及されている温度管理システム

温度管理システムは対象物の温度を計測し、データを蓄積しながら監視や分析などに利用することが可能です。

室内室外はもちろん、冷蔵庫といったさまざまな機器にも利用することができます。食材や薬品について、温度変化により品質に変化することは多く、製品や材料などを扱う事業者にとって温度管理は不可欠です。もし適切な温度管理が行われていないと、製品や材料などは安全面から廃棄することになるかもしれません。事業者にとってこのようなロスはダメージになるので、適切な温度管理は製品の安全性を確保したり事業リスクを低減することができます。

温度管理システムが必要な業界はいろいろで、食品の製造や調理現場、小売や物流、医療業界などで普及しています。飲食店業界の場合、厨房に設置している冷蔵庫や冷凍庫、食材を保管している倉庫などには必要です。食品製造業界の場合、食材を保管している冷蔵庫や冷凍庫、倉庫などに利用することができます。小売業界の場合、商品の陳列棚や在庫を保管している倉庫が対象です。

物流や倉庫業界の場合、食材を保管する倉庫や製品を運搬するトラックにも設置しておくと良いでしょう。医療業界の場合、薬を保管する冷蔵庫に温度管理システムを設置しているところが多く、食品衛生法ではHACCP制度化が設けられました。すべての食品等事業者は全行程において記録が必要になり、これには温度記録が含まれています。どのように管理していたかを記録しなくてはいけません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *