役に立つ所在管理システム情報
2020年6月30日

在庫管理システム導入の注意点

在庫の適正な管理のために在庫管理システムの導入を検討する時には、いくつかの注意点があります。

多くの場合は理想が高すぎて、うまくいかないと言うものです。本当に必要なものが何かを明確にしないまま、システムを選定すると後でトラブルになることもあります。導入する時には何のためかを明確にすることが必要です。多くの場合、多機能なものを導入したいと考えることでシステムに振り回されることになります。

不要な機能はシステムを重くするだけでなく、その機能のために不要な操作を必要とするようなこともあり、冗長な操作が行われることになります。それでは在庫管理システムを導入して作業が増えることこととなり、メリットが半減します。それと導入すること自体が目的になっているような場合です。何かわからないが在庫管理システムを使えば良いことがあるだろうと言う甘い考えで使い始めることで、便利さよりも使命感だけで使い続けなければいけなくなるケースです。

もちろん効率は上がらず、担当者の負担が増えることとなります。最悪は担当者を増やすような逆行した結果につながる恐れすらあります。これらのトラブルの原因は、何を求めているかが明確でないことが原因です。最低限必要な要素があるかどうかを確認できていること、拡張性があることが分かれば十分です。そうして導入したシステムでは、やるべきことがわかっているから冗長な作業が発生しません。そのため高い効果が期待できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *