役に立つ所在管理システム情報
2020年6月30日

在庫管理システムはクラウドが便利

在庫管理システムの導入にあたり、クラウドタイプとインストールタイプに分かれます。

インストールタイプは、自社に合わせたシステム開発が可能で、いままで行っていた管理方法をそのまま構築することもできます。担当者にとっても環境の変化が少ない分、楽に導入することができます。ただし拡張性が少ないことや何か障害が発生した時の対応が迅速でないなどのデメリットがあります。クラウドタイプの在庫管理システムは用意されたプラットフォームを使うので、自社のシステムとは違う恐れがあります。

ただし、要件を明確にして条件あったものを選べば、それほど不自由を感じることはありません。メリットとしては複数の場所で同じデータを同時に編集できる点です。情報の更新がダイレクトなので、常に新しい情報を見ることができます。通信環境があればシステムを選ばないこともコストがかからないので安心です。クラウドタイプの在庫管理システムの最大のメリットは、更新が早く、トラブル対応も迅速という点です。

システムがクラウド上にあるので、そこを直接更新するだけですぐに最新のシステムが利用可能です。例えば法改正などで新たな機能が必要になった時もインストールする必要がありません。またトラブルも端末ごとの対応は必要ないので、クラウド上で解決できれば、すぐに使うことができます。導入コストを抑えることができるのも魅力ですが、ランニングコストが納得できるものを選ぶ必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *