役に立つ所在管理システム情報
2020年6月30日

在庫管理システムの導入目的

在庫管理システムは自社の在庫を適正に管理するためのシステムです。

在庫切れによって注文に対応できなければ、売り上げを減らす結果になるし、在庫が多くなればコストに影響して、経営を圧迫することになります。そのようなトラブルを少しでも減らすために、必要なシステムです。在庫管理システムの多くが携帯端末などによって入庫、出庫の対応を行い在庫数を正しく管理します。人の計算計算ではなく実物をスキャンして指差し確認のように数えることでミスを減らします。

商品ごとの在庫量を検索するだけで確認することができるので、帳簿よりも早く見つけることが可能です。最近では専用の端末ではなく、スマートフォンやタブレットを流用できるようなシステムもあり、導入コストを下げることができます。在庫管理システムは入出庫管理だけで完結するわけではなく、発注システムや請求システムと連携することでより便利に扱うことができます。

発注システムで入荷数が分かれば、その分が入庫されるかを確認することが可能です。出庫数と顧客データを組み合わせれば、そのまま請求書を発行することもできます。自社の在庫管理がどのような方法で実施していたか、その程度の規模かによって適したシステムは変わってきます。多機能であることが便利であると言うわけではなく、必要最小限の機能があれば、それ以上の機能はオプションと考えて、選別の項目には含めない方が良いでしょう。導入の目的にあっていることが重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *